YAMASHITACHOU CRONOMETRO

SAUCE DEVELOPMENT 所属 TTスペシャリスト見習いのBlog

第7回 JBCF タイムトライアルチャンピオンシップ

今年のリザルトサマリーとタイムトライアルの科学(入門編)

タイムトライアルスペシャリスト見習いの自分にとって、数少ないJBCFでのガチンコタイムトライアルレースが今年も開催されました。
会場は例年通り、栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県にまたがる渡良瀬遊水地、一周5.3kmのレース。

  1. 2015年:7分11秒 E3 5位
  2. 2016年:7分07秒 E2 3位
  3. 2017年:7分02秒 E1 11位

毎年速くなっているので出力も伸びていると思うでしょう?
でも実は2015年が一番出力が高く、※1 ※2 ※3

  1. 2015年:7分11秒 E3 359w
  2. 2016年:7分07秒 E2 351w
  3. 2017年:7分02秒 E1 354w

だったりする。
※1 多少の誤差は有り
※2 僕のパワーメーターはややHappyな傾向があると思います
※3 筆者は身長180cm体重70kg

つまり、タイムトライアル競技は出力もとても大事だけれども、同時に空力面であったり装備であったり、ちょっとした走り方だったりといった要素がとても重要で、それをどれだけ細かく日々詰めていけるかがとても重要という事。

  1. 2016年:7分07秒 15年からの変更点:フォームを大幅に改善、特に肘置き位置を3cm下げた
  2. 2017年:7分02秒 E1 354w 更にフォームを改善、首・肩周りに柔軟性を持たせ、体側を合わせるイメージで頭を下げた

フォームの前年比改善ポイントは上記の様な感じで機材面でいくと

  1. 2015年:7分11秒 Canyon Speedmax CF SLX / zipp404-25mmローハイト(ホイールトラブル) 
  2. 2016年:7分07秒 リアホイールがshimano pro ディスクホイールに
  3. 2017年:7分02秒 前輪がHedのバトンホイールに、RIDEAのビッグプーリー化、ザイコーチェーン化

というのがタイムに影響が出る部分での機材変遷。
他にタイムへ影響がありそうな変更点というと、

  1. 2015年:7分11秒 スタート直後から突っ込み気味で入り後半タレ気味
  2. 2016年:7分07秒 同上
  3. 2017年:7分02秒 初っ端の直角コーナーまでは兎に角抑え目回転重視で入り、後半で踏む意識強めでオールアウト

ざっとタイムに寄与しそうな説明変数群を書き出してみた。
棚卸してみてふと思ったのが「タイヤの種類と空気圧」はデータ取っておくべきだったなーと。(気圧も寄与度高いから勘案した方がいいか)
ロードレースとはまた違う科学的アプローチがあるのがタイムトライアルの魅力ですね。
ちなみに…
多くのプロチームの選手はベロドロームやCFD解析だったりを駆使し、CdA値の最適化や、実コースで風や登坂状況と選手のプロファイルをベースに最適解を導くシミュレーション等、発展的なアプローチを日々実践しているそうです。

フォームと出力を軸にゴールタイムを見る

では実際に今回渡良瀬を走った選手のフォームを見てみたい。
(岡元様写真お借りします)

f:id:shinichiarimasu:20170904194600j:plain

左から、

  1. E1/11位 SAUCE DEVELOPMENT 有益選手 /180cm
  2. E1/2位 イナーメ信濃山形-EFT 河田選手 / 168cm
  3. JPT/15位 VC Fukuoka・サイクルフリーダム 設楽選手 / 180cm

である。

設楽選手はJPTで3周なので条件が違うものの非常に空力が良い事で有名なのでリファレンス的に混ざって貰った。

  1. 有益選手 : 7分02秒 / 354w
  2. 河田選手 : 6分53秒 / 363w
  3. 設楽選手 : 7分03秒 / 325w ※3周回の1周目

装備条件が近いのでフォームに絞って見てみよう。
まず特筆すべきは設楽選手の圧倒的な頭の位置の低さ(赤ライン)、そして青ラインで表現しているのが腹部への空気が流れるポケットの小ささ。
ここは正面から風を受ける際に風が流れ込んでパラシュート効果を生むので小さい方が優位(のはず)

逆に河田選手は位置やエアポケットはまだまだ改善が可能(つまり伸びシロいっぱい!)。
それでも高い出力と小柄な体格(で結果的に少ない正面の投影面積)もあって7分を切るタイムを叩き出している。
設楽選手並みに空力が良くなったら40秒台も狙えるのではないだろうか?(もちろん呼吸とのトレードオフではあるが)

まとめ
タイムトライアルに興味を持つ人も増えてきた印象の今日この頃ですが、この記事を読んでタイムトライアルの奥深さにはまってくれる人が一人でも増えたなら幸いです。

 

 

 

体重を落としながらパワーを伸ばす事は可能なのか?

体重を落としながらパワーを伸ばす事は可能なのか?

結論から言おう
「可能である」
どっかのITさんみたいな口振りだって? ほっといてくれ! (彼の人程の情報量も整理力も無い駄Blogやし…)

論より証拠

実際に筆者が4月初頭から人体実験を通じて証明して見せたデータをご覧に入れよう。

f:id:shinichiarimasu:20170621145312j:plain

赤線実線が体重、点線が移動平均
青線実線が20分間のCP(watt)、点線が移動平均
ぱっと見てわかるとおり、体重は減少しつつも20分間のCP(watt)は向上し続けている。
4月当初は、体重75kg,20minCP315w ⇒
6/21現在は、体重70.8kg,20minCP350w
体重は4.2kg減少、出力は35w向上、Weight Ratioは4.2w/kgから4.9w/kgに向上

人体実験が始まった経緯

2017年年始から4月まで、様々な個人的事情で練習に取り組む事ができず、出力は激減、体重は激増、という最悪な状態でシーズンINをした。
「さすがにこれはヤバい…」
と危機感を覚えた結果、
効率的に減量と出力向上を目指す為のアプローチ
を模索する至ったわけである。

アプローチを成功に導いたポイント

今から書く事はあくまでも「私の場合」ではあるものの書き留めておきたい。

  1. 20分CP向上には、2minFTP100% → 05.minFTP125% * 8本 トータル20分のクリスクロスを軸にした平日のローラーメニューと週末のL4~L6域大目のトレーニングライド
  2. 無駄なTSSは削れるだけ削る(例:練習会集合地点までは輪行)、練習時間辺りのL4以上のゾーン滞留時間割合を最大化)
  3. 平日のTSBは-10程度に収まる様に1週間のトレーニングボリュームをプランニング(ローラーメニューは常にZONEの限界付近を叩く事が出力向上に繋がるので、疲労を最低限にする事で失敗トレーニングを無くす)
  4. 朝昼晩の食事はどこも抜かないがカロリーは最小化(朝はヴィダーのグラノーラプロテインバー一本、昼は600kcal目安にタンパク質と炭水化物、夜は一汁一菜で肉中心)
  5. ビールはノンアルコールビールで部分的にリプレイス(最近キリンから出た零ICHIはかなりオススメ)
  6. VAAMを平日、休日練習前に必ず摂取し、脂肪分をエネルギーに積極変換(100km、TSS280程度のトレーニングライドならVAAM飲んでると補給は羊羹2個とかで間に合う)

まとめ & Disclaimer

中・長期的な視点でデータドリブンに進める事がとても大事。

  • 筆者は重量級のTTerです
  • 今回のアプローチ以前の20分最大CPは340wです(一般的に一度超えた限界値までは戻しやすい傾向があります)
  • 20minレンジのCPだけで勝てるレースはあんまりありません、バランス良く他の領域のMAXと弾数も増やしましょう
  • 糖質制限は(僕の場合)パフォーマンスガタ落ちになります

 

平地マンとおにくを迎える雛鶴方面ライド

f:id:shinichiarimasu:20170603180251j:plain

誰や、今「怖い」って言ったヤツは!

 

 

練習会は偶然に

広島に向けて体重も絞りながらガツンと練習をこなす今日この頃。
練習仲間のkdkr君zoさんatsさんと土曜に雛鶴走る事だけ決めてTwitter眺めていたら、平地マンが関東に一時的に帰って来る様だったので超スピードで練習会に誘う。
激務で忙しいだろうけどなかなか無い機会だし、と思ってtki君にも声を掛け快諾。
そこに自分と同じく関西チームの関東メンバーという立ち位置のおにく君を召喚。

対人競技

だいぶ話しは変わる。
僕が恵まれてるなーと思うのは、モチベーションの高い定期的な練習会だったりが周りにいくつもある事。
と言っても自転車競技始めてすぐの頃は練習会探しに本当に苦労した…
そもそもあるのか無いのかわからないモノを探すのは本当に大変だし、そこに何の紹介も無しに飛び込んでいくわけだから当たり前なのだけれども。
とは言っても対人競技である以上怒られながらでもこの辺のいろはは教わらないとレースなんてとてもじゃないが出れたもんじゃないのは間違いない事。
まあ、そんなわけなので自分の昔の境遇に近くて集団走行慣れしてないおにく君をこの猛獣集まるライドに放り込んだのである。
放り込んだヌシすら千尋の谷で死にそうになりながら走る事になったわけだが…

ゴリラ部隊(kdkr君曰く)

今日の練習面白かったなーと思うのが参加者の脚質のバラけ具合。
kdkr君:中量級パンチャー/スプリンター
tki君:スプリンター
zoさん:クライマー
平地マン:TTer
atsさん:軽量級パンチャー/スプリンター
おにく君:スプリンター
自分:TTer
それぞれの脚質があるから得意ゾーンの違いなんかも割と良く出てたんじゃないかなーと。
あと、珍しく重量級比率が高い!(tki君、平地マン、おにく君、自分)
雛鶴方面への練習会は重量級は自分だけ、なんて事はザラなので珍しいね。

真綿で首が締まる練習会(atsさん曰く)

練習そのものの方はと言うと。
集合場所から20km程は流し区間なんだけど、ナチュラルにいつもよりちょっとスピードが速い。
重量級の自分的にはとても心地良いスピード。
これがゴリラ部隊の威力…!

最初のメインディッシュ「VO2max地獄・牧馬」は、のっけから6倍以上で踏まされてめっちゃキツイ…
2分位してふと後ろ見たら誰もいない。
5分辺りでtki君が前から降ってくる。
そのタイミングでkdkr君がアタックしたので平地マンの後ろにくっ付きながら追っ掛ける(いや、前出るの超シンドイ…)
7分辺りで二人のハイペースに耐え切れずブツンと千切れる。
こっからは自分のペースで只管頑張ってゴール。
自分ですら自己新記録タイムだったけれども、前二人はベルマーレ才田選手に迫る2位と3位のタイムだった。
恐ろしや…

そんなこんなで雛鶴は秋山トンネルから峠頂上までをゴールに皆でローテを回していく。
しかしなんかいつもより明らかにキツイ。
普段なら休める所で全然休まらずガリガリとライフが削られていくのがわかる。
何度かの短い登りを経る辺りでzoさんもだいぶキツそう。
こんだけ苦しそうにしてるのは初めてかもっていうレベル。
そして自分は饅頭屋手前でバキっと折れて終了のお知らせ…
集団はどうなったかっていうと、饅頭屋で平地マンがアタックし、kdkr君と二人旅、更にアタックした平地マンが結局1着だったようだ。
アベレージで塗り潰し、ライバルの首を真綿で締め最後にトドメを刺しにいった感じだろうか…

まとめ

その後もいくつかのセクションを皆で頑張って競り合い、無事怪我等無くそれぞれに帰路につけたと思います。
また懲りずに宜しくお願い致しまーす。

「落車」というキーワードを含むTweetを日時別に分析し、特異な日時のTweetを形態素解析し何がトピックスだったのかを知る

5/21~5/31までの区間に「落車」というキーワードを含んだTweetが多かったのは何日の何時だったのか?

分析してみると意外にも5/23(火)の14時に集中している事がわかる。
また、5/27(日)の12時~13時の間にも集中している事がわかる。
まずは5/23(火)14時を詳しくひも解いてみよう。

5/23(火) 14時の「落車」を含むTweetを形態素解析し、どんな名詞と動詞が多く含まれているのかをランキング化してみる

どうやら当時開催中だったジロデイタリアの内容について多く呟かれている様だ。
Cyclowiredを見てみると、5/23日自体は休息日で前日の15ステージにおけるキンタナの落車とデュムランがそれを待つという出来事があった事がわかる。

5/27(日) 12時~13時の「落車」を含むTweetを形態素解析し、どんな名詞と動詞が多く含まれているのかをランキング化してみる

むむ。ぱっと見さっぱりわからない結果がPlotされたのでGoogle先生に断片的なキーワードを投げて質問してみた。
すると見えてきたのが

www.hochi.co.jp

なるほどである。
競輪選手が大落車した事で競輪ファンが一斉にTweetした、という事が判明した。

まとめ

同じ「落車」というキーワードの盛り上がりでもタイミングによって全く違う表情がある。

2days Race in 木島平村 - SAUCE DEVELOPMENT所属のルーラーが見た景色

エースの自覚

僕は、個人競技では剣道、団体競技では野球にバスケと小中高の間に経験している。
どの競技もレギュラーと非レギュラーの間に横たわる溝は大きくて、何度かそのギャップに涙した事もある。
逆に先輩を差し置いてエースを任される事もあった。
だけれども、当時の事をつぶさに思い出しても、今回の我がチームのエース程に自覚や覚悟があっただろうか?と考えずにはいられない。

マチュアレースでルーラーは存在し得るのか?

エースを牽引し、人知れず仕事を終え、集団から千切れ完走を目指す。
プロレースではお馴染みの光景だけれども、日本のアマチュアレースではなかなかお目に掛かる事は少ないんじゃないかと思う。
色んな理由があると思うけれども…
仕事でもなんでも無い上に、それなりのエントリーフィーや遠征費を払い、更には家庭内の諸々の調整を掛けて参加しているレースで、「誰かの為に犠牲になる」だけの理由を見出せないのが大半じゃないだろうか?
それでも僕みたいなルーラータイプはプロの「それ」を「いつかは」と夢見ている。

2days Race in 木島平村 2017

木島平村のレースは平坦寄りとは言えコーナーが多くインターバル地獄になる事が予想できていた。
そんな中、僕は直前のターゲットレースだったAACAのTTレースがあった関係でひたすらベースアップトレーニングに励んでいたので、着を狙うのはとてもじゃないが難しいだろうなと考えていた。
となると、若手中心の我がチームでやる事は一つ。
「一番思いが強くて速いヤツをアシストする」
そうレース前に腹を決めていた。

初日は2回のレースがあり、1つ目が3.2kmのコースを2周するタイムトライアルレース。
本来自分の得意分野ではあるのだけれども、前述通りアシストに徹するのを優先し脚切りされない程度のほどほど加減のつもりでフィニッシュ。
結果、全体の半分位の順位だったのでTTバイク持ち込んで全力で走ってたら…とか一瞬考えたのは内緒。

f:id:shinichiarimasu:20170522231408j:plain(真剣な表情してるけど、脚切られない程度にどう纏めるか考えてる時だったり…)

この時点で、チームで一番持ちタイムが良いのはU23対象のマサト。
普段から練習する事が多い彼のやる気や根性は良く知っていたし、このレースに掛ける強い想いは理解していたから「時が来たら捨て身でアシストしよう」と考えていた。

レーススタート

プロチームも複数出場し全体のレベルが非常に高い事で知られている当該レース。
今回も御多分に漏れず序盤の攻防を経て有力走者が逃げ集団を形成し僕らアマチュアレーサーは手も足も出ない状態。
逃げは決まったものの序盤はけっこうなペースで進む上に、僕みたいなコーナー処理下手っぴは集団後方でインターバルに苦しみどんどんと人数を減らしていく…

タイムトライアルスペシャリストの集い

実は今回の木島平、名の知れたタイムトライアルスペシャリストがたくさん集まっていた。
先日の埼玉TT上位、AACA表彰台な方等…
いずれも超ベテランで、僕からしたら尊敬する先輩方。
そして僕と決定的に違うのは「TTスペシャリストだけどロードレースも持ち味活かしながら上手く走れる」という点。
残念ながら僕はこの辺りがまだまだなので精進せねばなと思い知らされたレースでもあった。

オールアウト

閑話休題
レースは逃げができ、散発的にペースの上げ下げはあるものの差を縮めるには至らず終盤に突入。
序盤に体調不良でドロップしたチームメイトを除いて4/5の状態なSAUCE DEVELOPMENT。
タイミングを見計らってチームで固まれる位置までポジションを上げる。

補給周回を挟んで数名の逃げが決まり、20秒無い位の差ができている。
直感でこの逃げは上手く利用したいと考えていると、少し前にいるマサト&リツオコンビも同じ事を考え会話している様だったので二人に合図を送りつつポジションを上げる。
マサトが気付いたので一気にペースを上げて集団最前列まで飛び出る!
理想の展開としては、マサトを逃げ集団に単騎で送り込む事。
ただ、それができなくても、緩んでいた集団の後方にいたU23対象、つまりマサトのライバル達をインターバル地獄に引き込んでダメージを与える事が、このコースならできる。
後の事は考えず只ひたすら全力で踏んで踏んで踏んでもがき続け下りコーナー辺りで力尽きた。
左に避けてマサトを見送ると、速いんだかゆっくりなんだかわからないスピード感で集団が僕の右側を駆け抜けていく。
とても時間がゆっくり流れる気がした。
これはきっと、全力を出し尽くしたアシストだけが見る事のできる美しい風景なんだと思う。

おわりに

いつもとは少し違う切り口でのレースレポート。
読んでくれた人にロードレースの愉しさの一片でも伝わったのなら僥倖です。